ニキビ、自分で出来る治療方法ってあるの?

ニキビができても焦らない

ニキビとは肌トラブルの中でも悩む人の多い症状になります。思春期にできるニキビはケアによって綺麗に治るのに比べて大人ニキビは同じ場所に繰り返しできてしまうのでなかなか治すのが大変だったりします。実際にニキビができてしまった時にどのような処置をするのがいいのかというと、まず第一にニキビを触らないことです。どうしても気になって触ってしまうのですが、どれだけ手を綺麗にしていても見えない部分に雑菌がついていますので、そういったものがついている手でニキビを触るのは不潔になってしまいます。また、髪の毛はいくら綺麗にシャンプーをしていていい匂いがしたとしても、その髪の毛がニキビに触れてしまうだけで悪化してしまう可能性もあります。

ニキビができた時の処置

ニキビができてしまった時は触らないことはもちろんですが、それ以外の方法はサプリや美容液などを使って綺麗に治すという考え方です。ニキビができる要因のひとつにはビタミン不足がありますので、それをサプリで補ったり直接ニキビができている箇所にビタミンCの美容液を塗ったりする事でニキビ跡を残さず、綺麗な状態に戻すことができます。それだけでなく、綺麗な肌に生まれ変わる事も期待できるのです。体からは知らない間にビタミンCが減っていきます。特にタバコを吸う人は、それだけでビタミンCが減っていくので吸わない人よりも意識してビタミンCを取り入れていく必要があります。気付けば肌がボロボロになってしまうので注意が必要です。

© Copyright Treating Scars Perfect. All Rights Reserved.