知りたい!ニキビ跡のケアの仕方とは?

よくあるタイプのニキビ跡のケア

ニキビが治ったのに、頬などに赤みが残っているというのはよくあるケースです。これは毛穴周辺の毛細血管が破裂して、皮膚から透けて見えている状態です。
放置していても治る場合がほとんどです。ただ、稀に跡が残ってしまうことがありますし、何よりも早めに手を打てば、それだけ治りやすいです。そこでやっておきたいのは洗顔で、石鹸などを使ってきれいにします。その後、ビタミンC誘導体と呼ばれる成分が含まれる美容液や、化粧水を使用しましょう。するときれいになった毛穴から浸透して、肌がターンオーバーするのを助けてくれます。ニキビ跡の状態や、その人の体質にもよりますが、早い場合だと一、二週間ほどで治ってしまう場合もあります。

それ以外のニキビ跡のケア

茶色くてシミのようになっているニキビ跡があるのですが、これは紫外線を浴びたことでそのような状態になります。理想的なのは太陽光に当たらないことで、茶色いニキビ跡を防げることがあるのです。ところが一度できてしまった後では、効果がありません。そんな時はピーリング剤を使って洗います。これは肌に残った古い角質を落とすことができ、根気よく続けていれば、茶色いニキビ跡が薄くなっていく場合が多いです。 次にクレーター状に陥没したニキビ跡の場合は、肌のターンオーバーが必要です。赤みのあるニキビ跡と同様に、ビタミンC誘導体が含まれる化粧水などを使いたいです。ただし、このタイプのニキビ跡は自宅でケアするのは非常に困難なので、皮膚科に行って相談するのが無難です。

© Copyright Treating Scars Perfect. All Rights Reserved.